私がお金に困る時について

私は30代後半の主婦です。私は今までの人生でお金がなくて困ったなということは何度もあります。
その中でも気持ち的に一番辛かったこと、それは2年前ですが大学時代の(絶対結婚しないであろうと思い込んでた)友人が突然結婚を決めた時のことです。もちろん親しくしていた私のところにもメールで送付したとの連絡と共に結婚式・披露宴の招待状が届きました。私としてはお金がなくても何とか行ってあげたいと思ったし、その場で祝福してあげたい気持ちでいっぱいになりました。ところがその時期に長男が私立中学受験することを決め、我が家には余計なお金がほとんどないのに進学塾に通い出したのです。そのために我が家の家計はちょうど火の車状態。大学時代の友人たちの間での結婚式のお祝いの相場を決めていたこともあって最低でもある程度の金額を包むようだし、洋服だって普段着しか持っていない私は安いものを用意するにしたって、新しいものを購入する必要があるしで、これは絶対無理!と窮地に追い込まれました。結局無理をして参加したって友人が喜ぶとは思えなし、違った形で祝福しようと気持ちを切り替えて、お祝いになるようなプレゼントを後日友人宅に贈りました。
現在でも引き続き子供の教育費で我が家には殆ど余裕がありません。子供の教育がひと段落するまで私は友人たちの結婚式に参加したり(気軽に会ったりすることさえ)金銭的にも厳しく感じているこの頃です。冠婚葬祭に関しては気持ち的にも出席しないのは申し訳ない気がしますので誰に対してももお金に困っている状態が苦しい気分になりますね。